従業員エンゲージメントを行うメリットや費用について

従業員エンゲージメントの活用方法

調査により知ることが出来る従業員エンゲージメントですが、結果を隠さずに公開することが大事です。調査に参加したメンバー全員で共有することにより、課題やエンゲージメントを上げていくために必要なことが見えてきます。

従業員エンゲージメントでメリットを得た企業の声

従業員数:2000名 業種:小売

年に2回従業員エンゲージメントを調査しています。年に1回だと現状を把握することが出来ないためです。施策をしっかりと行うことで、効果はおのずとついてきます。なので結果に向き合いどう対処していくかが重要です。エンゲージメントの上昇したことにより当社の業績は成長を続けています。ただの社内満足度とあなどってはいけません。

従業員数:4000名 業種:情報処理

初めは企業の現状を知るために行った調査でしたが、調査会社のアドバイスを受けつつ改革をしていきました。従業員エンゲージメントを高めることで組織の風刺改革を行うという本質的な目的へとつなげることが出来ました。分析から具体的な社風改革の方法をアドバイスしてくれたので、スムーズに進めることが出来ました。各部署ごとにだす結果をリーダーが自分のことのように受け止めることで、各現場によりモチベーションの違いが発生することを防げます。

従業員数:200名 業種:アプリ開発

初めて行った従業員エンゲージメント調査でしたが、これまでに作り上げてきた社風が、間違っていないことを確信できました。高い満足度を従業員が感じていることが知れました。満足度が100%に達していないので、まだまだ改善するべきところがたくさんあります。モチベーションのマネジメント状態が数値により変動していることが確認できるので、改善できるのが正しかったのかわかりやすい点が便利です。

従業員エンゲージメントを行うメリットや費用について

女の人

従業員エンゲージメントを外部委託する方法

エンゲージメント調査を行っている業者を利用します。この時に気を付けなければいけないのが、調査をするだけでは意味がないということです。調査結果を活かさないと、これまでと何も変わりません。改善をしていくための目標設定やアクションを起こさないとせっかく行った調査が無駄になってしまいます。何もアクションを起こさない場合、逆に従業員からの不満が出てしまいます。

コンサルティング会社に依頼するメリット

コンサルティング会社に依頼することで、組織改革までのサポートを受けることが出来ます。これまでに数々の企業の従業員エンゲージメントを高めることに貢献してきたコンサルタントがアドバイスを行います。なので、調査結果により柔軟に対応することが出来、具体的な施策計画を立ててくれます。初めて社風改革を行う企業は、コンサルティング会社に依頼した方がいいでしょう。

必要な期間と費用相場

アンケート形式の調査だと、回答自体は10分程度で終了します。半年に一度利用する企業が一番多いです。半年に10程度しか時間をとらないので、現場にかかる負担は少ないです。企業の改善にかける期間は、それぞれ違うので一概にまとめることが出来ません。費用も同じで50人の企業から5000人の企業まで従業員の数により異なります。自分たちの企業にかかる費用が気になる場合は、一度見積もりをとってみるといいでしょう。

どんな企業でも変われる

1人では決して成し遂げられないことでも、組織で行えば実現することが出来ます。ですが、組織に対する不満がある状態だと達成できる目標も出来ません。従業員ひとりひとりが組織である企業に貢献しなければいけません。貢献していくモチベーションを与えるためには企業側から手を差し伸べる必要があります。今一度組織の力を高めるため、エンゲージメント調査を行いましょう。

注目の記事!

女の人

従業員エンゲージメントを行うメリットや費用について

従業員エンゲージメントを調べることにより得られるメリットは少ないです。ですが、結果から企業を変えていくアクションを起こすことにより、大きく変化していきます。コンサルティング会社依頼することで得られるメリットについて解説しているので確認しましょう。

READ MORE
広告募集中