従業員エンゲージメントとは?

エンゲージメントとは、もともとビジネス用語として使われていました。意味は、企業と顧客を結びつけることです。従業員エンゲージメントは、企業の目標に対して従業員が自ら貢献するための意欲を指しています。なので従業員エンゲージメントが高い企業は、ひとりひとりの貢献度が高いということになります。日本は従業員エンゲージメントが低い傾向にあります。その原因として考えられるのが、労働環境の過酷さです。海外に比べると、とても長い時間働いているのでストレスの発散や私生活を充実させることが出来ません。その結果が低いエンゲージメントに繋がっていると考えられます。

メリットが得られる従業員エンゲージメントの方法

会社

従業員エンゲージメントが企業にもたらすメリット

まず第一に企業の成長へとつながります。従業員が高い意識を持ち行動することで、企業の業績を上げることにつながります。また、優秀な人材が流失してしまうことを防げます。人間を育てるためには、莫大なコストがかかります。企業に対する忠誠心が高いと育てた人間が残ってくれるのです。優秀な人材ほど、他社からのヘッドハンティングの対象になるので、エンゲージメントを高める必要があります。従業員の成長は、必ず企業に返ってきます。

調査方法と結果の活用方法

普段の仕事からは見えにくいのがエンゲージメントです。なので調査をする場合が多いです。基本的にはアンケート形式で行われます。一年に一回行う企業もあれば、推移の確認のために毎月行う企業もあります。調査によって出た結果を元に、エンゲージメントを高めるためにはどうしたらいいかを企業で決めます。企業全体で集計をとることが多いですが、部署ごとに出すのも大事です。部署など細かい単位で出すことにより、詳しい状況判断が出来ます。それに合わせて、部署のリーダーがエンゲージメントを高めていく施策を行うことができるので、高い効果が期待できます。

注目の記事!

女の人

従業員エンゲージメントを行うメリットや費用について

従業員エンゲージメントを調べることにより得られるメリットは少ないです。ですが、結果から企業を変えていくアクションを起こすことにより、大きく変化していきます。コンサルティング会社依頼することで得られるメリットについて解説しているので確認しましょう。

READ MORE
広告募集中